H&B.Kニュース

診断

2017.07.05

【パーソナルカラー自己診断】あなたは何系?セルフチェックしてみよう!

H&B.K運営事務局

  • ラインで教える

人間にはそれぞれ生まれ持った色があり、その色に合った配色やコーディネートがあります。さて、あなたは自分のパーソナルカラーを知っていますか?

その人を最も魅力的に見せる「色」を診断するパーソナルカラリストとして、パーソナルカラー診断をベースに、ファッションやメイクなどのコーディネイトをアドバイスしている、一般社団法人日本パーソナルイメージスタイル協会 代表理事の木村麻美さんに、特別に自分で自分のパーソナルカラーの傾向がわかるセルフチェックリストを作ってもらいました!ぜひお試しください!

「こんなことをよく言われる」客観的な評価を軸にセルフチェック!

一般的なパーソナルカラーの自己診断は、自分の瞳や髪の色が茶色か黒寄りか、肌の色は黄みが強いか赤みが強いか、という事を聞かれます。しかし、普通の方は自分と他の人を比べたことがない為、この時点で正しいものを選べません。なので、診断に来る方のほとんどが自己診断で出た結果と本当に似合う色は違うという現象が起きます。

ですので「パーソナルイメージスタイル協会」では、「自分が周りに与えているイメージ」や「周りから言われる言葉」を参考にして、自己診断をすることをお勧めしています。新しいスタイルの自己診断、ぜひ楽しんでください。

それでは診断スタート!あなたは、スプリング?サマー?オータム?ウインター?

以下のグループA~Dの質問に答えてみましょう。あなたはどのグループの質問に多く当てはまりますか?

グループA
  1. 美人より可愛いと言われることが多い
  2. 年齢よりも若く見られることが多い
  3. トレーナーやパーカーなどカジュアルが得意
  4. 髪の色は黒髪が似合いにくい
  5. ストレートヘアよりもパーマの方が得意
  6. 色白の方だ
  7. カラフルな色を着ると褒められる
  8. お花柄のワンピースなどが似合う
  9. 明るく元気で優しいイメージを持たれる
  10. 陽に当たるとすぐ焼けて、小麦色になりやすい

 

グループB
  1. 大人っぽいとか落ち着いていると言われることが多い
  2. 昔から年齢よりも上に見られることが多い
  3. ダメージデニムなどがカッコよく履ける
  4. 髪の色は明るすぎない茶髪が似合う
  5. 強めの巻き髪や、パーマスタイルが得意
  6. 色白ではないと思う
  7. 小さい柄よりも大きな柄物のお洋服が得意
  8. 大人っぽいアースカラーなども得意
  9. アイシャドウやチークなどの色の発色が弱く、すぐに化粧品がなくなる
  10. 陽に当たるとすぐに焼けて小麦肌になるし、それが割と似合う

 

グループC
  1. 上品エレガントで、繊細なイメージを持たれる
  2. 可愛いと美人どっちも言われることが多い
  3. トレーナーやパーカーなどカジュアルなものがパジャマっぽくなる
  4. 髪の色は染めているより地毛の時の方が褒められる
  5. 強めのパーマや巻き髪は似合わないがゆるふわパーマや毛先だけ巻くスタイルが得意
  6. 昔から色白で肌が綺麗だと褒められる
  7. 重ね着すると野暮ったくなる
  8. 柄物のお洋服が苦手
  9. パステルカラーなどを着ると褒められる
  10. 陽に当たると赤くなるが黒くはなりにくい

 

グループD
  1. 可愛いより美人と言われることが多い
  2. 大胆な柄や個性的なものが似合うと言われる
  3. チュニックなどオーバーサイズの服が苦手
  4. 髪は断然、黒髪が褒められる
  5. パーマをかけると老けて見え、ストレートヘアの方が得意
  6. 色白、または色黒の方である
  7. 強くて派手な色も顔が負けない
  8. 身体のラインが直線的であると感じる
  9. カーディガンよりもジャケットを着ている方が褒められる
  10. 陽に当たるとほんのり色付くが真っ黒にはなりにくい

 

診断の結果を発表します!

Aに多く当てはまった人

優しくて可愛らしい印象を持たれたり、年齢よりも若く見られることが多く、明るくて元気な鮮やかカラーが得意な「スプリング」の傾向が見られます。

Bに多く当てはまった人

大人っぽくて落ち着いていて、ナチュラルさ・クラシカルさ・ゴージャスさと様々な面を持ち、優しさの中にもかっこよさも混じるような「オータム」の傾向が見られます。

Cに多く当てはまった人

色白で透明感のあるお肌や繊細で知的なイメージ、可愛らしさと上品さを併せ持つ「サマー」の傾向が見られます。

Dに多く当てはまった人

クールで美人、スタイリッシュさのイメージを持ち、個性的なものや原色のカラーにも負けない強さは「ウインター」傾向が見られます。

 

パーソナルカラーをより深く知るには

今回の自己診断は簡単に一般的なパーソナルカラーを春夏秋冬に分けた「4シーズン分類」での自己診断でしたが、パーソナルイメージスタイル協会のパーソナルイメージスタイル診断では、17タイプに分かれ、より深く自分に似合うパーソナルイメージカラーとスタイルを知ることが出来ます。c 本当に正しい診断をするには必ず素肌の状態で32色以上の色布ドレープをあてて、正しいライト環境の下に診断を行うという条件があります。

自己診断でイメージが湧いたら、ぜひ一生に一度の診断をきちんとプロのカラリストから受けて見てください!自分では気づけない魅力に必ずたくさん気付きますよ!

この記事の提供

パーソナルカラリスト
木村麻美
プロフィールを見る
電話でお問い合わせ

H&B.K新着ニュース

プロフィール

H&B.K運営事務局

公式SNS

  • facebook
  • Twitter

お問い合わせ

お問い合わせフォーム: https://www.h-bk.jp/sys/contact/
  • ラインで教える