専門家ニュース

健康・美容法

2017.12.22

知ってましたか?冬至にゆず湯の理由

西條弓子(にしじょう ゆみこ)/漢方専門薬局・管理薬剤師

  • ラインで教える

新潟市中央区の漢方専門 西山薬局・薬剤師のゆみこです。 

今日は12月22日。冬至ですね。

冬至は1年のうちで、もっとも昼が短く、もっとも夜が長くなる日のことです。 

そしてこの日を境に、だんだんと昼の時間が長くなります。 

冬至が近づくにつれて昼が短くなるのは太陽の力が弱くなるせいで冬至を境に昼が延びるのは太陽のパワーがよみがえったからと考えられていました。

だから、昔から冬至は太陽の運行の始まりと考えられていて、暦の始まりとなる日としていました。

そこで、この季節にかぼちゃを食べて体力を回復して、冬至を乗り越えようとした習慣が今も残っているのです。

冬至にかぼちゃを食べてゆず湯に入ると風邪をひかないと言われていますが「なぜ?かぼちゃ?」と思う方も多いのでは?

かぼちゃはカロテンとビタミンEが豊富に含まれています。

カロテンは粘膜や皮膚を丈夫にして抵抗力を高めてくれます。 

この風邪やインフルエンザが心配な季節にはもってこいですね。 

また、ビタミンEには血行を良くする働きがあるので、冷えや肩こりの解消に役立ちます。

昔の人は、健康に寒い冬を越せるよう願いをこめて・・・

長く保存ができ、栄養が豊富なカボチャを食べたのかも知れませんね。

かぼちゃを食べるのと同じで、「冬至の日に、ゆず湯に入ると風邪をひかない」と言われています。

冬至を「湯治(とうじ)」にかけ、ゆずを「融通(ゆうずう)」がきくようにと願ったことが由来だとか・・・(語呂合わせですよね??) 

また、ゆずは黄色いですよね。 

黄色は昔から魔よけの色と言われています。

ゆず湯に入ることで、魔よけをして活力を与えようとしていたと考えられています。

ゆずの果皮にはクエン酸やビタミンCが含まれていて、血行を良くして美肌にも良いと言われています。

 

ゆず湯にする場合、まるごと入れる場合が多いようですが、半分に切るか輪切りにしたほうが香りもよく、ゆずの成分も出やすくなります。

でも、そのまま切ったゆずをお風呂に入れると後の掃除が大変なので、洗濯ネットに入れておくと楽ですよ。

今回は、スーパーでゆずを購入したら

 お風呂用の袋をサービスでいただきました♪

 これなら、中身が出ることもなく安心ですね。

 

ゆずなどのかんきつ類には、リモネンなどの皮膚を刺激する成分が含まれています。

アレルギー体質の方、肌がデリケートな方、小さなお子さんは、ゆず湯でかゆくなってしまうこともありますのでご注意くださいね。

 

今日も最後までご覧いただきましてありがとうございました。

新潟市中央区の漢方専門 西山薬局・薬剤師ユミコでした。

 

【1901年創業】漢方薬の西山薬局公式ホームページ

http://www.kanpou-nishiyama.com

【送料無料】漢方のお茶屋さん西山薬局オンラインショップ

http://store.kanpou2480.com/

 

美容鍼灸は西山薬局附属鍼灸院で施術可能です

【女性の悩みにめっぽう強い】完全予約の西山薬局附属鍼灸(はりきゅう)院

http://niigata-hari.com/ 

 

新着ニュース

西條弓子(にしじょう ゆみこ)/漢方専門薬局・管理薬剤師が更新するニュース一覧です。

プロフィール

公式SNS

  • facebook
  • Twitter
  • line

お問い合わせ

住所: 創業明治三十四年 漢方薬 西山薬局
新潟県新潟市中央区本町通4-221
電話番号: 025-222-8375
営業時間: 平日:10時~19時
土曜:10時~17時
定休日: 日曜・祭日
  • ラインで教える