専門家ニュース

健康・美容法

2017.10.21

アレって痛くない?気になる鍼灸治療とは

西條弓子(にしじょう ゆみこ)/漢方専門薬局・管理薬剤師

  • ラインで教える

新潟市中央区 漢方専門 西山薬局 薬剤師ユミコです。

私は健康のために月に2~3回「鍼灸(しんきゅう)治療」を受けております。

施術を受け始めかれこれ10年になりますが風邪をひいて仕事を休むことも無くなりましたし、大きな病気もなく肌の状態も維持できているので、今では鍼灸治療が大好きになりました。

 

鍼灸は漢方薬と同じ中医学(中国伝統医学)。

全身に361ヶ所存在するツボに流れる気と血の巡りを整えて自然治癒力の底上げを手伝う伝統医学です。

実は私の旦那様が鍼灸院を経営しており、駆け出しの頃はよく練習台になりました(笑)

最初は正直、針を刺すときに痛かったり、お灸が熱すぎてギブアップしたりと一時は嫌いになりましたが中国上海や都内で修業を重ね、10年前に新潟に帰郷してからは逆に鍼灸の虜になってしまいました。

鍼灸治療で使う針は衛生的なディスポーザブル(使い捨て)で太さは直径0.14mmとかなり細いものです。

針を刺す前、抜いた後は注射と同じように消毒をするので衛生面でも安心です。

初めは「チクっ」とした感じはありますが痛くありません。

刺していると、次第に体がポカポカしてきてとても気持ち良いです。

自律神経系を整える作用があるので、緊張感が続いたときは血管が拡張して血流が良くなり、リラックス。

そして施術中に眠くなります。

むくみ、たるみ、小じわ・・・お顔の鍼灸「美容鍼灸」

40歳をすぎると誰でも女性ホルモンの分泌低下により更年期に似た諸症状に悩まされます。

そして、エストロゲン(女性ホルモン)不足で、肌の乾燥、たるみ、シワ・・・挙げればきりがないほど見た目で自信を失います。

「加齢のスピードを緩やかにできたら?!」

見た目が衰えてしまうところは、切実な悩みだと思います。

実は鍼灸って顔面にもツボが多数存在するので美容目的で施術を受けることも可能なんです♪

「美容鍼灸」・・・初めて聞く言葉だと思う方が多いかもしれません。「鍼灸」(しんきゅう)は、日本では昔から「健康」を維持、増進、回復をすることを目的とした「治療法」としてのイメージがありますよね。

鍼灸発祥の中国では古来より「美は健康を基礎として成り立つものである」「健康と美容は表裏一体」という認識が存在し、古代中国の名医「華佗」(かだ・神農本草経の著者)も「駐顔」や「軽身耐老」という言葉を用いて美容と健康の関係に触れています。

「駐顔」とは顔の若さを維持すること、「軽身耐老」とは、身軽さを維持し老衰を緩和をするという意味で現代的に言うと「アンチエイジング」のことでしょう。

中医美容および美容鍼灸の目的は、形態的な容姿を改善することだけでなく、心身の「養生」を行うことも含まれます。

鍼灸は昔から治療法だけでなく、養生法としても実践されてきました。容姿の美しさは「健康」や「長寿」と密接な関係があると認識されてきたのです。

フランスで確立された美容学のエステティックとは別に、私たちの住んでいる東洋には昔から独自の美容学が存在していました。

中医美容では、心身の健康状態に目を向けず、形態的な美しさだけを追求していては本質的な容姿の美しさは得られないというのが特徴です。

一般の美容サロンでは、治療に該当する行為を行うことが法的に禁じられているため、提供できるサービスは「肌や体型を調え良好な状態を維持する」ことに限られます。

美容鍼灸はあくまでも「健康に基づく美」を獲得するための手法として用いられるものであり、鍼灸師は国家資格を取得し「ツボ」を利用した治療と健康の専門家ですので必要に応じて「ケア」と「治療」のいずれも、選択的に実践することができます。

昨今では、美容業界においても「インナー・ビューティー」という言葉やコンセプトが注目され、「身体の中から美しくなる」「健康を維持・増進することで美容を実現する」という考え方が一般的になってきました。今、女性たちの大きな関心を寄せる「デトックス」や「アンチエイジング」は健康と美容を目的とした分野です。

中医美容学では「健康を基礎として成立する美しさ」「健康と美容は表裏一体で、相互に依存している」美容と養生の境界線が明確ではないのです。

中国伝統の哲学や医学においては何千年も前からこのような考え方が基本とされてきました。すなわち美容鍼灸の最大の特徴は「健康と美容が同時に獲得できる」ということでしょう。

 

美容鍼灸は西山薬局附属鍼灸院で施術可能です
【女性の悩みにめっぽう強い】完全予約の西山薬局附属鍼灸(はりきゅう)院
http://niigata-hari.com/

UX新潟テレビ21「梅安先生の漢方劇場」
店主が鍼灸治療についてお話いたしました

 

今日も最後までご覧いただきましてありがとうございました。

新潟市中央区の漢方専門 西山薬局・薬剤師ユミコでした。

 

【1901年創業】漢方薬の西山薬局公式ホームページ

http://www.kanpou-nishiyama.com

【送料無料】漢方のお茶屋さん西山薬局オンラインショップ

http://store.kanpou2480.com/

 

新着ニュース

西條弓子(にしじょう ゆみこ)/漢方専門薬局・管理薬剤師が更新するニュース一覧です。

プロフィール

公式SNS

  • facebook
  • Twitter
  • line

お問い合わせ

住所: 創業明治三十四年 漢方薬 西山薬局
新潟県新潟市中央区本町通4-221
電話番号: 025-222-8375
営業時間: 平日:10時~19時
土曜:10時~17時
定休日: 日曜・祭日
  • ラインで教える