H&B.Kニュース

食事法・レシピ

2017.06.30

手軽に薬膳レシピ☆汗っかき用のごはん&冷え性用のごはん

H&B.K運営事務局

  • ラインで教える

この記事のポイント
  1. 「薬膳」は意外と簡単に始められる?考え方を学ぼう。
  2. 汗っかきの人&冷え性の人のためのごはんとは?
  3. 今日からできる「おうち薬膳」簡単レシピ~ごはん編~

『薬膳』という言葉は耳にしたことがあると思いますが、ちょっと難しそうなイメージありませんか?薬膳というのは、食べる人の体質や体調に適した組み合わせで料理すること。食材の性質を理解することで、毎日の食事が健康と美容の改善に繋がっていきます。さあ、今日から「おうち薬膳」を始めてみましょう!

食べる人の「体質」と食材の「性質」をマッチングさせる

たとえば、毎日食べる「ご飯」。家族全員が同じご飯を食べるのが一般的な食卓ですね。しかし、家族の中でも、冷え性の人がいたり、暑がりで汗っかきの人がいたりと、家族みんなの体質は同じではありません。

「ご飯」も食べる人の体質に合わせて工夫することで「薬膳」になるのです。

今日の「ご飯」をどう炊く?
①手足の先が冷えている方へ

ご飯を炊くときに、いつものお米に『もち米』を一割くらい加えて炊いてみて下さい。『黒米』でもOKです。もち米にも黒米にも、身体を温める作用があります。

②汗をかきやすく暑がりな方へ

いつものお米に『押し麦』と『昆布』を加えて炊いてみてください。麦や昆布には、体内にこもる熱を発散させてくれる働きがあります。

炊きあがったご飯には何をふりかける?
①手足の先が冷えている方へ

『赤紫蘇』のふりかけがオススメです。赤紫蘇には発汗を促して身体を温める働きがあります。加えて、あの芳しい香りには、気の巡りを良くする働きがあります。

②汗をかきやすく暑がりな方へ

『わかめ』や『青海苔』のふりかけがオススメです。わかめや青海苔には、体内の熱を冷ましてくれるとともに利尿作用があり、腎機能を強化してくれる働きがあります。また、海藻類は血管強化や血液浄化に役立ちますので、血圧が高めの方にもぴったりの食材なんです。

食材の性質とその調理法を知っておくと、体質に合った食事を作る時のヒントになります。薬膳は難しくない!さっそく今日から『おうち薬膳』はじめてみませんか?

この記事の提供

国際薬膳食育師
髙津もろみ
プロフィールを見る
電話でお問い合わせ

H&B.K新着ニュース

プロフィール

H&B.K運営事務局

公式SNS

  • facebook
  • Twitter

お問い合わせ

お問い合わせフォーム: https://www.h-bk.jp/sys/contact/
  • ラインで教える