H&B.Kニュース

健康・美容法

2017.09.05

パクチーの栄養価が凄い!病気予防にも効果がある?(食べ過ぎ注意)

H&B.K運営事務局

  • ラインで教える

独特の香りが食欲を刺激する、アジアン料理に欠かせないパクチー。コリアンダー・シアントロ・香菜・中国パセリとも呼ばれ、世界中で人気があり日本では女性を中心に関心が高まっています。
アンチエイジングやデトックスに効果があると言われていますが、パクチーの実力はそれだけでは無いって知っていましたか?
実はパクチーは、ビタミン・ミネラルが豊富で病気の予防に効果があると期待されています。

パクチーの栄養価

パクチーの代表的な栄養価はこちら。

【葉100g当たりの栄養価】
・ビタミンA/6748 IU
・ビタミンC/27 mg
・ビタミンE/2.50mg
・ビタミンK/310μg
・ビタミンB1/0.067mg
・ビタミンB2/0.162mg
・ビタミンB3/1.114mg
・ビタミンB6/0.149mg
・葉酸/62μg
・カルシウム/67mg
・鉄分/1.77mg
・マグネシウム/26mg
・リン/48mg
・カリウム/521mg
・ナトリウム/46mg
・βカロチン/3930μg
・ルテイン/ゼアキサンチン/865μg

ビタミンだけでなく、カルシウム・鉄分・リンなど体内では作られないミネラルも多く含んでいます。

パクチーにはどんな効能があるの?

パクチーの代表的な効能は、アンチエイジング・デトックス・病気予防などと言われています。
それぞれの効能を簡単にご説明します。


アンチエイジング
パクチーに含まれる抗酸化成分によって、老化・シミ・シワの防止に効果があるとされています。


デトックス
パクチーは、老廃物や毒素を排出しやすくなる効能があるとされ、デトックスに効果があると言われています。


病気予防
人の身体は、「活性酸素」と「抗酸化酵素」がバランスを取りながら健康維持をしています。パクチーには強力な抗酸化成分が含まれていて、その成分は大豆の約10倍と言われ、それによって抗酸化酵素をサポートしていると言われています。
そのため、風邪はもちろん糖尿病・癌・動脈硬化などの予防に効果が期待されています。


■活性酸素
細胞を傷つけ、老化・癌・動脈硬化・その他多くの疾患をもたらす重要な原因となる一方、細胞内での情報伝達や代謝の調節、免疫など、重要な生理的機能を担っています。ストレスや過労により増加すると言われています。

■抗酸化酵素
活性酸素の攻撃から身を守る役割を担っています。年齢とともに減少するため、食品などから抗酸化成分を摂取することが重要とされています。

まだまだある?パクチーに期待されている効能

 

パクチーには、βカロチンが多く含まれていて疲労回復や目の角膜・粘膜の保護、腸内環境を整え便秘の解消に効果が期待されています。
ただし、ここで注意
パクチーは一日の摂取量は決まっていません。だからといって、食べ過ぎは禁物。
パクチーは独特の香りがあり強い刺激をもつ食材です。体質によっては、腹痛や下痢、吐き気、頭痛などを体調不良の原因になったりするので注意しましょう。

H&B.K新着ニュース

プロフィール

H&B.K運営事務局

公式SNS

  • facebook
  • Twitter

お問い合わせ

お問い合わせフォーム: https://www.h-bk.jp/sys/contact/
  • ラインで教える