専門家ニュース

ダイエット方法

2017.08.04

10カ月で25kg減の中医学ダイエット

西條弓子(にしじょう ゆみこ)/漢方専門薬局・管理薬剤師

  • ラインで教える

こんにちは
新潟市中央区の漢方専門薬局 西山薬局・薬剤師のゆみこです。

本日は、弊社社長で私のダンナのダイエット体験談をご紹介いたします。

結婚後、ぶくぶくと太りまして…
ピーク時に120kgですよ?!
「結婚詐欺」って言ってやりました(笑)

45歳一念発起の中医学ダイエット

 

西山薬局・西山鍼灸院 代表の梅安(ばいあん)です。

2015年12月、恥ずかしながら2年ぶりに健康診断へ行ってきました。

体重は過去最高を記録。
肝機能、コレステロール、尿酸値、空腹時血糖値、すべて異常あり。
だって、こんなに太っていましたもの。

 

「元力士です」 って冗談言っても

「ああ、そうなんですか」って妙に納得されたり

数値的にはこんな感じでした。

 これまで、立地や利便性だけで近所の総合病院に行ってました。

7年間通院していつも「やせればもっと良くなるよ」って先生に言われ続けていました。
だから甘えがあったんですよね。

でも、病院を変えてみました。
その病院の先生は「このままだと糖尿病だね」って(汗)
それに血圧が高く、「動脈硬化になると血管裂けるよ」 「車運転していたら、事故起こすよ」ってズバズバ言う先生なんだな(汗)

職業柄、予後が悪く、苦しんでいる人をいっぱい知ってます。
まさか自分がこうなるとは・・・。

それは困る。

一念発起してダイエットに挑戦するも、今まではリバウンドの繰り返しでした。
ダイエットで目標達成して、それまでの生活に戻れば失敗するのは当り前。

ボクのライフスタイルは、食事の時間が不規則で夕食が遅く
夕食を摂りながらダラダラとお酒で流し込む生活がここ10年続いてました。
太ったり、カラダのコンディションを悪くするのは簡単です。

でも、腎臓の機能が落ちて人工透析の世話になるのはすごく大変な生活です。

45歳のボクは決意しました。
「もう、デブは卒業しよう」。

糖質を減らしてみよう


日本人の多くが、銀シャリ(白米)や白パン(精製された小麦のパン)を食べるようになったのは、戦後50年と聞きます。

昔、日本が戦争をしていた頃、兵士を集めるために「軍隊に入ると毎日銀シャリ(白米)が食べられる」といって貧しい人たちを集めました。
そして、毎日たくさん白米を食べてどうなったか。
脚気(かっけ)が増えたわけです。

玄米に含まれている必要な栄養素を削ぎ落として、美味しいところだけ食べていたわけです。

食が豊かになると増えるのが、肥満や糖尿病。
ごはん、麺、パンなど炭水化物がメインの現在。
外食すると、ほとんどこれらが主役ですよね?
食べ過ぎで使いきれなかったブドウ糖は脂肪に置き換えられます。
その積み重ねで肥満に。

肥満になると炭水化物を摂って血糖値が上がる度に、膵臓から分泌されるホルモン「インスリン」を
血糖値を下げようとして大量に分泌します。

いつも大盛り・お腹いっぱい食べることで、いつも膵臓はインスリンを過剰分泌して疲弊。
だんだんインスリンの効き目が悪くなってきて、痩せにくいカラダになる。
これを「インスリン抵抗性」といいます。

糖質を抑えてタンパク質や脂質に(ブドウ糖代謝からケトン体代謝へ)

 

もう、糖質制限ダイエットってご存知ですよね?
高雄病院の江部康二先生の推奨する「糖質制限」。

糖質制限食は、1日3食のうち夕食だけを制限する「プチ糖質制限食」、2食を制限する「スタンダード糖質制限食」、3食とも制限する「スーパー糖質制限食」がある。

ボクは、基本的に相談や針灸が業務なので運動量は少ない。
朝はお腹が空いていないのに、無理して食べていた。

「朝食(ブドウ糖)を摂らないと、仕事も勉強も捗(はかど)らない」
そんなことはない。
空腹で仕事をすると、感覚が研ぎ澄まされてアイディアも出てくる。
記憶力が低下することも無いんじゃないかな?

スポーツ選手が試合の前に絶食する意味がよくわかります。

朝食を摂らず、昼と夕方(17時頃)毎日決まった時間に食事を済ませ
主食は玄米ともち麦を混ぜたものを120gと少なく。
あとは、肉や魚、卵やチーズは制限せず、野菜もしっかり食べる。

そして、体質に合わせた漢方薬をシッカリ飲む。
ここ大事です。

最初は20時頃にお腹が空いてたまらないのが、2週間を過ぎると不思議と心地よくなる。

人はだれでも寝ている間はプチ絶食状態です。
エネルギー源は体脂肪、これを使って生命活動を維持しております。

そして糖質を摂った瞬間に血糖値は上昇
インスリンの分泌をして体脂肪の燃焼はストップします。

ですので、空腹時間(糖質オフ)が長いほど、体脂肪が燃える時間も長いということです。
※腎臓病の方は主治医と相談してから始めてください



このスタイルで5か月後・・・

 

 スッキリしましたよね?

5ヶ月後で体重は約18キロダウン、ジーンズは4インチダウン。

おまけに、再検査のデータ全て正常!!


中医学ダイエット

10カ月続けたら、25kgの減量に成功♪

今でも体重は維持できております。

お腹が空いてイライラすることも無いし、続けられる。
健康になれるっていうのが嬉しいです。

糖質オフメニューと、いつもの生活プラス5000歩、歩くこと。

あとは
脾胃(ひい・胃腸のことです)の働きを助ける漢方薬とデトックス(解毒)や肝機能によいサプリ
を毎日飲む。

脾胃を整える生薬は柳茶、シベリア人参、蒲公英、仏手柑、山芋などが良いです。

これらの生薬を食べる前に必ず飲むこと。

そうすると、糖の急上昇を緩やかにしてくれるのです。

これは「太りにくい体づくり」になるということです。


今の主治医が「すごいね!!何か飲んだ??」って(笑)

最後までお読みいただきましてありがとうございます。 

 

今すぐ痩せたいアナタに
梅安(バイアン)式中医学ダイエット公式ページ
↓↓↓
http://kanpou2480diet.net/

ボクがおススメするサプリはこちらから
送料無料の西山薬局公式オンラインショップ「漢方のお茶屋さん」
↓↓↓
http://store.kanpou2480.com/

 

 

新着ニュース

西條弓子(にしじょう ゆみこ)/漢方専門薬局・管理薬剤師が更新するニュース一覧です。

プロフィール

公式SNS

  • facebook
  • Twitter
  • line

お問い合わせ

住所: 創業明治三十四年 漢方薬 西山薬局
新潟県新潟市中央区本町通4-221
電話番号: 025-222-8375
営業時間: 平日:10時~19時
土曜:10時~17時
定休日: 日曜・祭日
  • ラインで教える