一般財団法人 健康医学予防協会

  • ラインで教える

病気にさせない、も医療。

女性の活躍の場がますます広がるなか、女性をとりまく環境も日々変化し、ライフスタイルも多様化を続けています。
私たち健康医学予防協会は、健康診断・人間ドックを通じて、家庭や職場でいきいきと輝く女性一人ひとりに寄り添った、きめ細やかなヘルスサポートをご提供しております。
2016年4月にオープンした新潟健診プラザは、女性に安心してご受診いただけるよう、県内初となる【男女別専用フロア】を完備いたしました。また、脳ドックやCTなどの精密検査に加え、2017年4月からは、新たに3Dマンモグラフィ装置による高精度の乳がん検診を開始しております。
長岡健康管理センターも同様に3Dマンモグラフィ装置を導入し、婦人科検査を安心してご受診いただけるよう【女性専用エリア】を新設いたしました。
これからも真心のこもった接遇と、安心で快適な健診サービスを提供してまいります。

新着ニュース

一般財団法人 健康医学予防協会に関する記事一覧です。

お問い合わせ

住所: 新潟市中央区紫竹山2丁目6番10号
電話番号: 025-245-1111
FAX: 025-245-1155
営業時間: 8:00~17:00
定休日: 第2土曜日・日曜・祝日
レディースドック: 女性特有の病気である「乳がん」や「子宮がん」などの早期発覚を目的とした人間ドックをご用意いたしました。20代~60代まで、年齢に関わらずがんのリスクを抱える女性は、定期的に検査を受けることをおすすめします。また人間ドックをご受診の方に、お食事やお飲物をお楽しみいただけるリラクゼーションルームをご用意しております。その他にも、パウダーコーナーやマッサージなど、女性に「嬉しい・優しい」設備やサービスをご提供します。
3Dマンモグラフィ(トモシンセシス): 従来のマンモグラフィではエックス線を一方向からのみ当て、乳房を平面的(2D)に画像化していましたが、トモシンセシスは乳房を多方向から撮影し、収集した複数のデータを立体的(3D)に再構成する新しい撮影技術です。従来のマンモグラフィに比べ、病変の見落としや再検査の減少が期待されます。
子宮頸がん検診: 子宮頸がんは20代から急増中。若いからといって油断はできません。子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんの2つがあります。子宮体がんの発症ピークは50代。一方、子宮頸がんの発症ピークは30代~40代で、患者数は20代から急激に増えていきます。若いから大丈夫と安心はしていられません。定期的に検査を受けることをおすすめします。
脳ドック: 脳の病気のうち、脳梗塞、脳出血などの脳血管疾患は、死亡原因の上位を占める大きな病気で、高齢者のみならず若年者にも起こることがあります。幸い命をとりとめても、様々な後遺症を残して寝たきりになったり、日常生活に大きな支障をきたすこともあります。これらの病気の危険因子を早期に発見するには、脳ドックが有効です。脳ドックであなたの脳や血管を専門的にチェックし、脳の病気によって生じる悲劇を未然に防ぎましょう。若い方にもぜひ脳ドックを受けて頂きたいと思います。
施設のご案内: 新潟健診プラザは新潟市中心部の好立地に位置し、県内初となる【男女別専用フロア】を完備した大型健診施設です。充実した検査設備はもちろん、心と体をリフレッシュしていただけるようリラクゼーションルームを設置し、人間ドックをご受診の方にお食事やマッサージをご提供しております。
長岡健康管理センターは婦人科検査専用の【女性専用エリア】を完備し、女性がリラックスしてご受診いただける環境が整っております。また、新潟健診プラザ同様に、お食事やマッサージのサービスもご用意しております。
  • ラインで教える