専門家ニュース

健康・美容法

2017.08.01

ニキビに漢方薬っていいの?

西條弓子(にしじょう ゆみこ)/漢方専門薬局・管理薬剤師

  • ラインで教える

こんにちは

新潟市中央区の漢方専門薬局 西山薬局・薬剤師のゆみこです。

ちょっと昔・・・・「ニキビは青春のシンボル」なんて言葉ありましたが

ニキビができると、それだけで憂鬱になってしまいますよね。

 

漢方では「皮膚は内臓の鏡」と考えます。

ニキビは肌の表面だけでなく何らかの内臓が弱っていますよ」という体の内側サインでもあるのです。

 

ニキビは、過剰に分泌された皮脂不要な角質が毛穴につまっておこります。

思春期にニキビができやすいのは、ホルモンの分泌が活発になるためです。

特にアンドロゲンという男性ホルモンが脂腺を刺激して皮脂の分泌を活発にするためです。

女性の場合は、生理の前に分泌される黄体ホルモンがアンドロゲンと同じ働きをします。

この皮脂を栄養にしてアクネ菌が繁殖して皮膚が炎症を起こすと「ニキビ」になります。

 

ニキビを漢方ではどう考える?

 

漢方では、ニキビの原因は 体にこもった熱 だと考えます。

また漢方では、自然界に存在するすべての物質に陰と陽のいずれかに分類されてバランスをとっていると説いています。

もちろん人間の体も例外ではありません。

この陰と陽のバランスが崩れて陽が強くなると、体の中に 熱がこもりやすい状態 になります。

もともと暑がりの人などはこのタイプが多くみられます。

それ以外にもストレスや生活習慣・食習慣などで一時的にそうなってしまう場合もあります。

思春期は心も身体も発達段階です。

体内に気が満ちていて熱がこもりやすい状態にあります。

そのため、ニキビもできやすいのです。

 

漢方では、まず こもってしまった過剰な熱を取る ことを一番におこないます。

またニキビは、発生する場所や色、大きさなど状態によっていくつかのタイプに分けられます。

 

 ニキビの色によるタイプの分類と漢方薬

[白いニキビ]

・ニキビの色は皮膚色に近い

・小さなブツブツ

・押すと白色の角栓(コメド)が出る

額(ひたい)や眉間(みけん)に出やすい

・のどや鼻が乾燥しやすいなど呼吸器系がデリケートな方

この白いニキビはそれほど悪化はしませんが、数が多く2~3週間と長い期間治らないことが多いもの。

これは 肺と皮膚に熱がこもっている せいなので、それを発散させる漢方薬やハーブティーを使います。

板藍根(ばんらんこん)や五行草、五味消毒飲(ごみしょうどくいん)などが代表的なものです。

また、白菜やレタス、きゅうり、ビワなど肺を潤しながら炎症を抑えてくれる食材もおすすめです。

  

[赤いニキビ]

・赤いブツブツ

・生理前後にひどくなりやすい

・こめかみから耳の前に出やすい

・口が乾いて冷たいものを好む

・食欲旺盛で、お肉や辛いもの、甘いものが好き

・便秘気味

・イライラとしてストレスが溜まりやすい

これは 血に熱がこもってしまった せいなので、血の熱をとる漢方薬を使います。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、五味消毒飲、清営顆粒(せいえいかりゅう)が代表的なものです。

また、大根やセロリ、レンコン、梨、苦瓜などの食材もおすすめです。

 

[黄色いニキビ]

・黄色く膿をもったニキビが多くみられる

・大きく腫れていて、熱を持っている

・フェイスラインに沿ってニキビが出来やすい

・肌質はオイリー気味

・毛穴が大きい

・ニキビ跡が残りやすい

・脂っこいものやチョコレートが好き

・便秘気味

黄色ニキビは、白いニキビや赤いニキビが悪化して化膿したもの

これは 体に熱と毒がこもってしまっている状態 なので、それらの熱と炎症、感染症(化膿)を体の中から追い出す漢方薬を使います。

白花蛇舌草(びゃっかじゃぜつそう)、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)などが代表的なものです。

トマト、こんにゃく、緑豆の春雨、アロエなど食材もおすすめです。

  

[紫のニキビ ]

・触るとゴリゴリと硬い

・ニキビの色が赤黒い~紫色

・口のまわりや顎、首、背中や胸に出やすい

・歯茎や唇の色が紫~黒っぽい

・生理痛がある

熱がこもってしまっただけでなく 水と血のめぐりも悪くなってしまった状態 です。熱を取り除きながら、余分な水を除いて血のめぐりを改善する漢方薬も使います。

黄連温胆湯(おうれんうんたんとう)、冠元顆粒(かんげんかりゅう)、田七人参(でんしちにんじん)などが代表的なものです。

アスパラガス、昆布、わかめ、桃、シナモンなどがおすすめの食材です。

 

ニキビのタブー7箇条

①便秘

②厚化粧

③珈琲などカフェイン

④手で触る

⑤辛いもの&甘いもの

⑥睡眠不足

⑦ストレス

 

 

漢方では、ニキビの状態だけでなく体全体をみることで、ニキビが発するメッセージをしっかり聞き取って、体の内側から根本的に改善していきます。

※漢方薬を飲みながら生活習慣と食生活を頑張りました

症状は、体質や環境などによって様々です。

漢方薬でニキビを改善したいとお考えの方は皮膚病カウンセラー・薬剤師ゆみこにご相談くださいね。

漢方薬・ スキンケア・ニキビ改善のための食事などアドバイスさせていただきます。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。 

 

新潟市中央区 漢方専門 西山薬局 薬剤師ゆみこでした。

西山薬局公式ホームページ↓↓↓
http://www.kanpou-nishiyama.com

新着ニュース

西條弓子(にしじょう ゆみこ)/漢方専門薬局・管理薬剤師が更新するニュース一覧です。

プロフィール

公式SNS

  • facebook
  • Twitter
  • line

お問い合わせ

住所: 創業明治三十四年 漢方薬 西山薬局
新潟県新潟市中央区本町通4-221
電話番号: 025-222-8375
営業時間: 平日:10時~19時
土曜:10時~17時
定休日: 日曜・祭日
  • ラインで教える