専門家ニュース

健康・美容法

2017.07.26

大人ニキビを治すには|生活習慣の改善がポイントに?!

西條弓子(にしじょう ゆみこ)/漢方専門薬局・管理薬剤師

  • ラインで教える

この記事のポイント

1.10代のニキビと大人ニキビ それぞれの原因

2.ニキビができている時の正しいスキンケア法


新潟市中央区 漢方専門 西山薬局 薬剤師ユミコです。

ポツンと1つできただけでも、憂うつな気持ちになるニキビ・・・  

でも、10代でできるニキビと20歳を超えてからできるニキビでは、その原因が違うってご存知でしたか?

正しいケア法をしっかり覚えて、スベスベお肌を目指しましょうね。

10代でできるニキビの原因

 10代のニキビは 皮脂の分泌過剰が原因で、オイリー肌の人に多く見られます。

でも、大人のニキビは女性ホルモンのバランスが乱れてできることがほとんどなのです。 

そのため、10代のニキビは、男女比が5対5ですが、大人のニキビでは、1対9と圧倒的に女性に多く見られます。 

また、10代のニキビのように皮脂の過剰な分泌が原因ではないので、乾燥肌で今ままでニキビなんて出来たことがなかった人でも「ある日突然ニキビが出来てしまう!」なんてこともあるのです。 

大人のニキビの原因は、まだはっきりとは解明されていない部分も多いのですが、女性ホルモン(卵胞ホルモン・黄体ホルモン)のバランスの乱れだと考えられています。 

ホルモンのバランスは生理前などは特に大きく変化するので、生理前になると特にニキビができやすい状態になります。 

また、ホルモンバランスは、不規則な生活、睡眠不足、仕事やプライベートのストレス、食生活の乱れなどにも大きな影響を受けます。 

進学や就職や結婚などで、大きく環境が変化したり不規則でストレスの多い生活が長く続くと、ホルモンのバランスが乱れて、ある日突然大人のニキビとなってあらわれることがあるのです。 

大人のニキビを引き起こす6つの原因

大人のニキビは、ホルモンバランスの乱れからできることがほとんでホルモンバランスを乱して、大人のニキビを引き起こすのには6つの原因 があるといわれています。 

【1】ストレス

 仕事やプライベート、いろいろな場面でストレスを感じたり緊張が続くと、ストレスに対抗しようとして男性ホルモンが多く分泌されます。 

そうするとホルモンバランスが乱れてしまうためニキビが出来やすくなってしまいます。

2】睡眠不足

午後10時~午前2時の寝ている間に分泌される成長ホルモンは、肌の細胞分裂と再生を促すホルモンで、言いかえれば「美肌ホルモン」 

このゴールデンタイムに熟睡しているとしっかり分泌されて、肌を修復してくれるのです。

睡眠が不足するとホルモンのバランスが乱れて、その結果としてニキビができやすくなってしまいます。 

【3】生理 

生理は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンの分泌が周期的に増減することでおこります。 

生理前は黄体ホルモンが多く分泌される時期で、黄体ホルモンは皮脂の分泌を過剰にさせる働きもあるので、とくにニキビが出来やすくなります。

【4】食生活の乱れ 

甘いものや揚げ物などの油っぽいものには、糖質脂肪分がたくさん含まれています。 

糖質を多く摂ると、ビタミンやミネラルが糖の代謝のために使われてしまい、お肌にまわらなくなってしまうことも・・・ 

脂っぽいものの摂り過ぎはニキビの炎症を強めてしまいます。

また、食生活の乱れから便秘になってしまうと、これもニキビの原因になってしまいます。

【5】冷え

 体が冷えていると、新陳代謝が悪くなったり、血行が悪くなり肌へ酸素と栄養がしっかり行き届かなくなります。 

そうすると、角質が厚くなり皮脂の分泌が妨げられてニキビが出来やすくなってしまいます。

【6】間違ったスキンケア

 10代のときと同じようにニキビタイプの脱脂性の強い化粧品や洗顔料大人ニキビにはNGです。

 肌が乾燥しすぎて、不足した水分を補おうと油分が多く分泌されてしまうのです。

 大人のニキビのスキンケアのポイントは保湿なのです。

 大人のニキビを引き起こす原因に当てはまるものがあったら、さっそく改善してみて下さいね。

 

気をつけて いても出来てしまうニキビ・・・

もし、 出来てしまったらどんなケアをしていますか? 

ニキビが出来てしまうと『しっかり汚れを落とさなきゃ!』と思って、ついクレンジングや洗顔料でゴシゴシと顔をこすってしまうことってありませんか?

 でも、これではかえってニキビを悪化させてしまいます。

ニキビが出来ている時のスキンケア法

やさしく・ていねいに、ニキビを傷つけない ようにすることがポイントです。

【1】 クレンジング

 クレンジング剤は、肌への負担が少ない乳液タイプやクリームタイプ、またはジェルタイプをおススメします。

オイルタイプの方がサッパリする感じがありますが必要な皮脂までとり過ぎてしまうのでNG。

また、シートタイプの拭きとりクレンジングはニキビを刺激してしまうので使用は控えて下さいね。 

クレンジングをする時は、ゴシゴシと力を入れてこすってはいけません。

ゴシゴシこすると、肌の表面を傷つけて正常な角質まで落としてしまい肌のバリア機能を低下させて、かえってニキビが悪化してしまいます。 

決められた量のクレンジング剤を使って、ゆっくりとやさしくなじませて下さいね。 

【2】洗顔

ニキビを刺激しないように、洗顔もやさしく丁寧に行います。 

洗顔料をたっぷりと泡だてて、こすらないように洗います。

洗顔料も、決められた使用料を使ってくださいね。

少ないと、洗浄力が不足して汚れや古い角質が残ってしまい肌への負担となります。

洗い流す時は、ぬるめのお湯でしっかりと落としましょう。

 

【3】保 湿

大人のニキビケアのポイントはなんといっても保湿です。 

洗顔後は、たっぷりの化粧水でしっかり保湿します。 

触った時に、肌がひんやりと感じるくらい繰り返し化粧水をたっぷりとつけて下さい。 

※目安としては、500円玉1個分を1回としてそれを3~5回つけて下さい

ニキビがある場合は、手よりもコットンを使った方が刺激が少なくて済みます。

化粧水の後には、乳液やクリームで化粧水で与えたうるおいを逃がさないように、しっかりと「フタ」をします。

ニキビが出ている部分は少なめにして、乾燥しやすい目元や口元はしっかりと塗りましょう。 

肌が乾燥すると、乾燥をうるおそうと皮脂の分泌が多くなりニキビを悪化させる原因になってしまうのです。

 

いかがでしたか?大人のニキビの改善に今一度、スキンケアも見直してみてくださいね。 

生活習慣やスキンケアに気をつけてもニキビが気になる方は、皮膚病カウンセラーの薬剤師ゆみこにご相談ください。 

漢方薬・ スキンケア・ニキビ改善のための食事などアドバイスさせていただきます。 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。 

新潟市中央区 漢方専門 西山薬局 薬剤師ユミコでした。

新着ニュース

西條弓子(にしじょう ゆみこ)/漢方専門薬局・管理薬剤師が更新するニュース一覧です。

プロフィール

公式SNS

  • facebook
  • Twitter
  • line

お問い合わせ

住所: 創業明治三十四年 漢方薬 西山薬局
新潟県新潟市中央区本町通4-221
電話番号: 025-222-8375
営業時間: 平日:10時~19時
土曜:10時~17時
定休日: 日曜・祭日
  • ラインで教える